« 鯵の干物、完成! | トップページ | 姉ちゃん一家 »

2010年3月27日 (土)

鯵のさばき方

(晴れ)

東京でも釣りに行ったりしていたので多少は魚をさばいたりしていたのですが、隠岐に帰ってきてから魚をさばく機会が非常に多くなりました。しかも隠岐の人は魚に厳しいので、あまり腕に自信の無い私はプレッシャーを感じ、本屋で「梅宮辰夫の魚のさばき方」という本を買って一から勉強し、ジュンテンドウでさしみ包丁も買い揃えました。

今日は昨日「サンテラス」で買った約30cmの中鯵をさばいてみたいと思います。

Aji1 まず頭を落とし、腹を切って内臓を出します。

Aji2 腹の中を綺麗に水で洗い流し水気をふき取ります。そして腹側から包丁を入れ、中骨に当たるまで丁寧に背側からも包丁を入れます。

Aji3 綺麗に3枚におろせました。ここで私もよくあるのですが、中骨に身がたくさん残ってしまうと気持ちが折れて途中放棄してしまいます。

ここまできたら、後は尻尾から包丁を斜めに入れて皮を引きながら削いでいきます。

Aji4 盛り付けのセンスはありませんが、何とか完成です。

まあ、このくらいだったらお客さんが来ても食べてくれるでしょう。自分としては60点です。誰かもっと上手になる方法を教えてくださ~い!

|

« 鯵の干物、完成! | トップページ | 姉ちゃん一家 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鯵の干物、完成! | トップページ | 姉ちゃん一家 »