« 予想外の天気 | トップページ | ハローワーク隠岐の島 »

2010年3月11日 (木)

隠岐の方言

(晴れ時々曇り)

Oki

隠岐に帰る時、嫁さんに「隠岐は方言や訛りは少ないから大丈夫だよ」と言っていたのだが、東京生まれ東京育ちの嫁さんからするとかなりあるようだ。

自分では多少の方言は自覚していたが、イントネーションは問題なく誰でも理解できる程度だと思っていた。

実際東京生活でも方言や訛りを指摘されたことが無かったので、隠岐の言葉は標準語に近いと勘違いしていた。

まず嫁さんに指摘されたのが、「ちょ」である。

帰ってきてすぐに「みんな、ちょちょちょちょ、よく言うね。」と嫁さんに言われた。

確かに、

「どげしちょる?」=「どうしてる?」

「なにしちょる?」=「なにしてる?」

「~しちょっちょ」=「~してるんだって」

「~だちょわ」=「~なんだって」

頻繁に使われる言葉の{~してる}の「て」が隠岐弁では「ちょ」に変換されるらしい。

それから、「がい」という言葉がよく出てくるらしい。

「がいな」=「大きい」

「がい」というのは大きいという意味だよ。と嫁さんに教えてあげたら、それ以外の意味でも使ってる!と逆につっこまれてしまった。

先日、近所の人から小鯵をもらった時に母ちゃんが、「まあ!がいなことまあ、」と言っていたらしい。

確かに、その場合の「がい」は「多い」という意味になる。嫁さんとしては少し混乱するのも無理はない。考えてみると「がい」の意味は他にもある。

「がいに」=「たいしたこと無い」

「がいに、がいに」=「たいしたこと無い、気にするな」

う~ん、私は子供の頃からこんな複雑な方言を無意識のうちに使い分けていた。

ちょっとおもしろそうなんで、もっと隠岐の方言について勉強してみよう。意識していなかったおもしろい方言が沢山出てきそうな気がする。

ちなみに私の今一番好きな方言は、夕方から夜の挨拶で「おしまいさん。」「おしまいでござんす。」=「こんばんわ。」です。

何か品が良い。。

|

« 予想外の天気 | トップページ | ハローワーク隠岐の島 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予想外の天気 | トップページ | ハローワーク隠岐の島 »