« カサゴと海タナゴとハマチ | トップページ | 隠岐の島・地デジ事情 »

2010年3月18日 (木)

スローライフ

(曇り)

Rorisu 隠岐に帰ってきて2ヶ月と6日が経過いたしました。

当初は久しぶりに一緒に生活することになった両親や、180度生活が変わってしまった嫁さんに気を使って少し疲れたのですが、最近になって生活のリズムができて楽になってきました。

朝は8時半に起床し(嫁さんは8時に仕事に向かいます)、朝食。

午前中はインターネットをやったり調べ物をしたりし、11時半くらいから昼食の支度をします。

昼食後は片付けの後、1時くらいまで昼寝。

午後は父ちゃんの手伝いをしたり、母ちゃんの通院の日には病院まで送迎します。また、月に2回程ハローワークに顔を出します。

2日に一回は西郷に食料買出しに行き、自分の欲しいものがあればその時に買います。

4時くらいからお風呂の掃除。

5時から夕食の支度をしながら、ちょっとビールを飲み始めます。

6時、夕食。

6時半に嫁さんが帰ってきて、嫁さんの夕食のセットをします。

7時半、TVを観ながらウトウト。。

8時半、お風呂。

9時、またビール再開。

10時、焼酎の水割りに変更。

11時、家でできた「だいだい」という酸っぱいミカンを食べだす。

12時半、就寝。

家賃を払う為、生活費を稼ぐ為、税金を払う為、と毎日ピリピリと働いていた東京の生活に比べると、全く優雅なスローライフです。

大きな野望を抱いてギリギリの挑戦を続けた東京生活は、自分にとって何だったんだろうと、昼寝をしながら考えたりしている訳です。

都会の生活は「理想の生活」と「自殺」が紙一重です。私も東京の知り合いの生活を沢山見てきて痛いほど実感しました。

隠岐の島には、自分の夢と欲を求める以外の生き方があるのではないかと思い始めています。家族の為、親戚の為、近所の人の為、島の為。

|

« カサゴと海タナゴとハマチ | トップページ | 隠岐の島・地デジ事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カサゴと海タナゴとハマチ | トップページ | 隠岐の島・地デジ事情 »