« ジャガイモの植え付け | トップページ | カサゴと海タナゴとハマチ »

2010年3月16日 (火)

家の鶏

(曇り)少しずつ暖かくなってきたな~。

Tori1 家には鶏が合計11羽いて、毎日日の出とともに大騒ぎです。

私の腰くらいまで身長のあるデカイ雄鶏(ボス)一羽、こいつが毎日大騒ぎしている張本人。

それから、毎日卵を産んでくれる雌鶏三羽。

まだ卵を産めない若い雌鶏が七羽です。

Tori2 父ちゃんが鶏を飼うのが好きで、私が物心ついたときから家で飼ってました。鶏小屋も全て父ちゃんの手作りです。

今は毎日新鮮な卵を美味しく頂いているだけですが、私が小さい頃は飼ってた鶏を食べてた記憶があります。

家の鶏は食べないの?と父ちゃんに聞いたところ、「今は食べるものが沢山あるから食べない。卵を取るだけだ。」との事。昔の隠岐の島は食料が少なかったのでほとんどの家庭で鶏を飼っていて、祭りや親戚の寄り合いなどがあった時に〆て食べていたようです。

卵だけ取るんだったら雄鶏はいらないんじゃないの?と聞くと、「雄鶏を入れておくと卵が美味しくなる。」との事であった。

う~ん、何でも良く知っている。DASH村の”あきおさん”みたいだ。

ちなみにこの鶏達、もう少し暖かくなったら日中庭に放します。鶏小屋に戻す時が大変なように思いますが、夕方薄暗くなってくると自分達から小屋に帰ってきます。鳥目というくらいで、少し暗くなると目が見えなくて不安になるらしく、安全な小屋へ非難してきます。なんとまあ手間いらずな、本当に人間に飼われる為だけに生まれてきたような有難い鶏達です。。

|

« ジャガイモの植え付け | トップページ | カサゴと海タナゴとハマチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャガイモの植え付け | トップページ | カサゴと海タナゴとハマチ »