« 「あじさい」「モクレン」「クワガタ」 | トップページ | 頂き物(ハマチ・かたくちイワシ) »

2010年4月 2日 (金)

「隠岐島コミューン伝説」

(晴れ)

Komyun

隠岐の島人は慶応4年、松江藩とケンカして隠岐の島から松江藩郡代を退去させ、独自の自治を始めた時期があったらしい。

彼らが怒ったのは、山陰道鎮撫使から届けられた公文書を松江藩の役人が開封してしまった事が原因である。

彼らは、この事実を知り、全島民を巻き込んで「松江藩藩士の島からの退去を命令する」という騒動に発展、結果として隠岐島にコミューンが形成された。

彼らは、はじめから自治政権を目指したものではなかったが、「自分達の国は自分達で守る」という意識が、前例のないコミューンという形で幕末・明治期の歴史に残ったのである。

外的な要因によって、全く予想もしていなかった自治政権が作られた時、彼らは会議所という新しい組織をつくり(元、松江藩の陣屋)出した。 (「隠岐における維新」より引用)

そういった隠岐の島の歴史が松本健一著「隠岐島コミューン伝説」に書かれています。

|

« 「あじさい」「モクレン」「クワガタ」 | トップページ | 頂き物(ハマチ・かたくちイワシ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「あじさい」「モクレン」「クワガタ」 | トップページ | 頂き物(ハマチ・かたくちイワシ) »