« イモ虫 | トップページ | 「ふき」 »

2010年5月19日 (水)

「くろや」の煮付け

(雨)

珍しく行商のおばちゃんが魚を売りに来ました。

以前は行商の人も沢山いて、中には景気の良い音楽をかけて軽トラックで魚を売りにくる人もいましたが、最近は人も少なくなったせいかめっきり来なくなりました。

今日売りに来たのは30cm級の「くろや」。

Pict0043

東京や大阪では「メジナ」とか「グレ」と呼ぶ魚です。

隠岐では冬場に良く釣れる魚で、引き味が鋭く専門に狙う釣り師が多い人気魚です。

味は小さいものは淡白すぎて美味しくありませんが、30cmを超えると油が乗り非常に美味しくなります。私も大好きです。

Pict0045

さて、早速調理開始です。

まずウロコを丁寧に取り、内臓と頭を外して綺麗に洗いぶつ切りにします。

Pict0052

頭と内臓は湯がいて「みゃーみゃー」の餌となります。生でも良いのですが、生であげると納屋の作業場が魚の血だらけになってしまうので、面倒ですが湯がいて差し上げます。

Pict0053

ぶつ切りにした身を鍋に並べ、ひたひたになるくらい日本酒を入れます。

沸騰したら醤油で味を調え、みりんを少し入れて10分程煮込んだら出来上がりです。お好みで生姜、ネギなどを入れてもOKです。今日は新鮮だったので何も入れないで楽しみたいと思います。

Pict0054

ちょっと煮過ぎちゃいまいたが、いっただっきま~す!

|

« イモ虫 | トップページ | 「ふき」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イモ虫 | トップページ | 「ふき」 »