« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

時化

(曇り)

最近、天気は良いが時化の続く隠岐地方です。

今日も時化模様。

Dvc00024

Dvc00023

3日くらい前に『蟹カゴ』を沈めておいたのですが、この時化で上げに行けません。

もう流されて行方不明の嫌な予感。。

そんな時化の中『高神丸』に乗り降りする岩に、もらってきた古タイヤをくくり付けました。

Dvc00018

乗り降りする時に、どうしても船体が岩にゴツゴツ当たってしまうので、考えた結果このようにしました。

Dvc00019

これで乗り降りや荷物を下ろす時に、思い切り岩に着けても気になりません。

古タイヤは近くのガソリンスタンドで、快く譲ってもらえました。有難うございました。

そんなこんなで周辺環境も整った『高神丸』。次の出航を待っております。

Dvc00020

| | コメント (0)

2010年7月30日 (金)

この夏、奴らがやってくる!

(曇り)

明日、AM11:50の飛行機で”奴ら”がやってきます。

そう、兵庫県在住の『ゴジラ一家』です。

Pict0019

今年も献上品や奉納品を用意するために、今から大忙しです。

母ちゃんは”ムカデ退治”の薬を縁の下に撒き、『ゴジラ一家』様就寝用のお布団を干します。

私は明日の宴の段取りと、『ゴジラ一家』様専用扇風機と『ミニラ1号、2号』様専用プールを購入。

嫁さんは『ミニラ1号、2号』様用スパゲティーの具材調達。

父ちゃんは何もしません。

Pict0025

さて、GWに引き続き大騒ぎの夏となりそうです。

『ゴジラ夫』はお盆に、茄子に割りばしを刺した”牛”に乗って到着予定。

『ゴジラ一家』と『ジン』の初対決も目が離せません。『みゃーみゃー』も温かく見守るそうです。

Pict0008

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

『ジン』君のお散歩

(曇り時々雨)

最近夕方涼しくなってから、『ジン』にリードを付けて散歩に出かけています。

Dvc00027

ただ、庭から出る時のこの水路の鉄網の蓋が怖いらしく、なかなか庭から出ることができません。

Dvc00028_2

散歩には行きたいが、ここが怖い。飛び越えようとして、諦めてを繰り返し今日は6回繰り返して何とかクリアできました。

Dvc00029

「どんなもんだい!」と意気揚々の『ジン』君。

Dvc00030

今日は近所の小中学校までお散歩です。

学校に着くと小学生がソフトボールの練習中。しばし見学。

Dvc00039

私はこの学校の卒業生ですが、この校舎ではありませんでした。場所も違いますし、私の頃は木造2階建ての校舎でした。

今は鉄筋でエアコン付きだそうです。

Dvc00046

今のグラウンドは私が中学1年生の頃、山を削って造られたものです。

当時初めて中学に野球部ができ、古いグラウンドでは野球には狭すぎるということで、山を削って野球用のグラウンドを作り始めました。私は野球部第一期生。

しかし山を削っただけの土地には石ころが多く、ノックをしていてもイレギュラーだらけで負傷者続出となりました。

ですから、練習前と練習後には決まって全員で石拾いに従事していました。時には練習よりも長い時間石拾いとなることもしばしばでした。

もちろん当時はフェンスなど無く、ただただだだっ広い土地でしたが、今や立派な野球グラウンドです。ベンチまで完備です。

Dvc00040

Dvc00041

懐かしいな~、石拾い。。

さて、帰るか『ジン』。帰りもあの水路を飛び越えねば。

Dvc00048

| | コメント (0)

2010年7月28日 (水)

『サザエ』

(曇り)

旬の味、『サザエ』です。

Dvc00031

夏になると食べたくなる代表的な食材です。もちろん隠岐でも今が旬、食べ頃です。

Dvc00033

資源保護の観点から、”漁業組合員”以外は獲ってはいけません。

相場は1㎏(8~9個)800円。安くしてもらって600円です。

今日はその『サザエ』が手に入りましたので、早速いただきましょう。

まず、生のまま殻を外し尻尾を除きます。

Dvc00034

難しいですが、こういう道具があると便利です。

Dvc00036

外し終わったら、後は適当な大きさに切るだけ。

Dvc00035 

三分の二は『サザエの炊き込みご飯』に、残りはお刺身でいただきま~す!

う~ん、夏の香り。。

Dvc00037

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

試験結果と『カブトムシ』

(晴れ)

『小型船舶免許試験』実技試験の結果ですが、見事”合格”でした。

応援していただいた方々、誠にありがとうございました。後は免許が届くのを待つだけです。こんなやつが届く予定。楽しみでしょうがありません。

Lcc_kogata

話は変わりますが、父ちゃんが育てていた『カブトムシ』の幼虫が成虫になりました。

なぜだか全てオスです。

Dvc00020_3

Dvc00022   

今は私と『ジン』の遊び道具になっていますが、欲しい方がいらっしゃいましたらメールにてご一報ください。

こんなにいます。オスばっかり。。

Dvc00024

| | コメント (0)

2010年7月26日 (月)

『小型船舶免許試験』隠岐へご帰還の巻。

(晴れ)

そんな訳で無事『小型船舶免許試験』も終了し、隠岐へご帰還となります。

3日間お世話になった『ポートインさかいみなと』を後にします。
試験日に”消しゴム”を貸してくれたホテルのおじさん、有難うございました。

Dvc00109

帰りはサクサクっと高速船『レインボー2』で1時間20分の船旅です。

Dvc00110

Dvc00112

その前に時間があるので昼食を済ませようと探索。

すると、『鬼太郎』発見。

Dvc00114

リアル『鬼太郎』がカメラに向かってポーズです。

『鬼太郎』発見場所からほど近い場所に美味しそうなお店発見。

Dvc00121

水槽のある綺麗なお店です。早速『刺身定食』を注文。

Dvc00115

美味そう!そしてすごいボリューム。

Dvc00117

鯛の刺身や湯引きがメインですが、鮭の下に”はまち”もたっぷり入ってました。
貴重な”まるご”(めだい)の刺身も一切れ入り、大満足の定食です。

Dvc00118

あっという間に完食。店の前には食べ尽くされた”牡蠣”や”アワビ”の殻がディスプレイのように飾られていました。

Dvc00119

Dvc00122

Dvc00123

さて、お腹一杯になったら『レインボー2』に乗り込みます。

これが船内。すべて椅子です。

Dvc00124_2

船内からの風景。

Dvc00125

乗って気がついたのですが、『レインボー2』は甲板に出ることができません。

高速船なので振り落とされてしまうからですが、私は必至で出口を探してしまいました。。

これが船尾の風景。すごい勢いで走ってます。

Dvc00130

外に出られないので、船内で退屈しているともう到着。

Dvc00137

ただいま、隠岐の島。

さてさて、本日7月26日月曜日はいよいよ実技試験の合格発表です。

結果はどうでしょう?う~ん、ドキドキします。。

| | コメント (0)

2010年7月23日 (金)

『小型船舶免許試験』試験当日の巻。

(晴れ)

いよいよ試験当日です。幸か不幸か”超快晴”です。

Dvc00099

帽子を購入しといて良かった。

AM9:00実技試験スタート!

実技試験終了!

学科試験始め!

PM6:15学科試験終了!

で、あっという間に全試験が終了し夕方です。

Dvc00102

(疲れた~・・)

結果は、学科試験は昨夜の猛勉強のおかげで一発合格。

実技試験については、来週月曜日に発表との事でした。

合格すれば即日免許交付だと思っていた世間知らずな私は、ちょっとショックでした。。

実技試験については大阪の『小型船舶操縦士試験機構』から試験官がお見えになっており、出港前点検・トラブルシューティング・安全確認・操舵・ロープの結び方・係留等を細かく審査し減点方式でチェックシートに書き込んでいきます。

この試験官の方も非常にスパルタな方で、審査しながら危険行為については厳しく注意をしてくれます。

私も9割方上手くいってたのですが、最後の最後に着岸で失敗し一喝を賜りました。

試験官の方曰く「海の事故は、即死亡事故につながる。ちょっとした油断や横着が自分も他人をも危険に晒すことになる。試験官としては良くないかもしれないが、安全確認を怠ったり、危険行為についてはその場で厳しく注意する。一度怒鳴られると、二度とわすれないでしょ。」との事であった。

なるほど、まったくその通りだ。私みたいな甘い考えで免許を取って海に出たら、間違いなく大事故を起こしていたに違いない。ここの学校の教官が非常にスパルタだったのもそういった理由があったからでした。

解散前、教官から一言があり「色々と厳しく指導してきましたが、それは全て君たちを海で死なせたくないからです。ここ数年小型船舶の事故が多発している。
それには小型船舶免許は簡単、だれでも取れる。という甘い考えで免許を取得し安全確認を怠ったり、遊び半分や横着で危険行為を行ったことが原因。
この学校は免許を取得させることの目的よりも、取得してから卒業生が安全に海で楽しめることを目的としている。私はいつもそう考えて生徒を指導している。」との事でありました。

何だか胸が熱くなる言葉でした。

まあ、合格不合格に拘わらずこの学校を選んで良かったなと思いました。

そんなこんなで夕日を見ながら、久しぶりに充実した日々を過ごしたことに感動している私であります。

Dvc00103

PM7:00過ぎ、生徒の補習に付き合う実は”やさしい教官”でありました。

Dvc00104

さて、お腹ペコペコです。

ホテルで一風呂浴びてすっきりした後、昨夜の”海鮮丼”が忘れられず、今夜も同じ店に直行です。

今宵は『金アジ丼』を注文。それと生ビール。

Dvc00106

写真では分かりにくいですが、新鮮なアジのボリュームがすごい!ごはんの量と同じくらいの刺身がこの下に隠れています。

ぷりぷりシコシコの新鮮な”金アジ”。しかも中に特製の出汁が少しかかっており、飽きない味が工夫されています。

さすが、私の見込んだ『元気亭』。期待を裏切りません。

昨夜はお客さんが混んでいて、一所懸命料理を運んでいたおじさんが実はオーナーで、今日は少し暇だったのでカウンターに座って焼酎を飲んでいました。

2日連続で来た私に喜んで、「また来たのか。ここに座れよ。」とカウンターの自分の隣に座らせ、高級焼酎をご馳走していただきました。

飲みながら話しをしていると、実はオーナー隠岐の人。しかも同じ村の人。

後ほど詳しく紹介しますが、今は実業家で手広く商売をされており、隠岐の島復興事業なども官庁相手に仕掛けているスゴイ人でした。近日中に詳しくUPします。

明日はやっと隠岐に帰れます。

心地よい披露疲労と良い出会いに感謝しながら、ビール片手に眠りに就く私でありました。

| | コメント (2)

2010年7月22日 (木)

『小型船舶免許試験』教習初日の巻。

(晴れ)

さて、いよいよ初日です。

朝食はホテル近くの喫茶店でモーニングセットをいただきます。

Dvc00080

AM8:30教習所に到着。ここが2日で小型船舶免許取得可能な教習所『MSTC』

Dvc00081

試験合格率はトップクラスですが、そのかわり教え方はハードでスパルタです。

今日は午前中実技教習。午後から学科のスケジュールです。

実技教習前、教官からいきなり厳しいお言葉。

「返事ぐらいしっかりしろ!子供相手に教えてるんじゃない。君ら大人だろ!」

「実技教習は一度海に出たら3時間は戻らない。トイレに行きたくなったらその場でしてもらう。」

「全員ができるまで陸には戻らない。よく何時に終わりますか?とバカな質問をされるが、逆に何時になったらできるのか聞きたい。」

など、さんざんビビらされて実技教習へ。元来ビビリな私はビビリ過ぎて救命胴衣を上手く装着できない始末です。

AM9:00、3人一組で教習ボートに乗り込み海へ漕ぎ出し教習開始。

まず教官が手本を見せた後、生徒が1人ずつ実践します。実践は教官からの指示があったら、まず前後左右の安全確認の後「○○始めます。」「○○完了しました。」と逐一言わなければなりません。

もちろん、指示以外の行動は論外。確認や掛け声を一つでも忘れると、「コルァー!!」です。

私は10回以上怒鳴られました。逆にイラッとすることもしばしばでしたが、反抗するのが怖いくらいの教官だったので我慢しました。(偉いぞ、俺。)

炎天下の中、そんな教習が3時間続き、陸に上がった時にはヘトヘトです。暑さと疲れと緊張で珍しくお弁当を半分以上残してしまう有様でした。

お昼休憩後、クーラーの効いた教室で学科教習。しかも教官は優しく可愛い女性教官。「よし、学科は頑張るぞ!」と思いました。

しかし、頑張りがきいたのも前半のみ。後半になってくると海上標識や海図標識、航海灯などの暗記ゾーンに突入しパニック状態となりました。

誰だよ、小型船舶の試験なんて簡単だって言ったのは・・・・と心の中で呟きながらパニック状態で学科教習終了。

夕方からまた怖い教官に戻り、実技教習。海にはもう出ないで、教室内でロープの結び方教習ということで、一安心。。

ロープの結び方は8種類あり、すべて覚えろとの命令。ロープ結びは基本中の基本。これができないと係留ができず、船が流されて大事故になるとの事。

見ている分には、分かったと思っても自分でやってみるとおかしな結び目になってしまいます。

「明日の本試験までにはすべてできるようにしておけ!」との一言で本日は解散となりました。

「ふう~、参った。。」

ホテルになんとかたどり着き、冷たいお茶を一気飲みし少し落ち着くと、顔や腕がヒリヒリするのに気付き、見てみるとこんな状態。

Dvc00088

Dvc00089

まあ、海の男のたくましさが表現されていて良いのですが、明日も今日と同じくらい熱くなりとのことだったので今日中に帽子を購入しておこうと思いました。

一っ風呂浴びてサッパリしたところで帽子を買いに行き、ついでに昨日とは違う処で夕食です。

『元気亭』

Dvc00091

昨日の復讐もあり、海鮮丼を注文。それと”生ビール”

Dvc00092

うましっ!!昨日の海鮮丼に比べ、10倍美味い。そして値段も100円安い。

エビなんて3本入ってますが、手前の一匹がプリプリの生エビ。奥の二匹が塩焼きのエビです。仕事が丁寧です。

他にも白イカ、鯛、カツオ、マグロ、ほたて等、新鮮な具が目いっぱいです。しかもご飯もホクホクで美味しい。

こんな美味しい海鮮丼を食べたらビールがどんどん入るところですが、今夜は勉強があるので2杯でストップ。大満足でホテルに帰りお勉強です。

Dvc00093

ちゃんと帽子も買いました。

Dvc00095

これは”もやい結び”。お勉強は深夜2時まで続きました。

Dvc00096

明日はいよいよ試験です。

| | コメント (2)

2010年7月21日 (水)

『小型船舶免許試験』境港へ行くの巻。

(晴れ)

無事、小型船舶免許の試験から帰ってまいりました。

結果は、学科試験は即日発表で一発合格。

実技試験結果は来週月曜日発表ということなので、まだわかりません。

とにかく、行く前に周りの人から「小型船舶の免許なんて簡単簡単」と言われていたので大分甘く考えていたのですが、近年小型船舶の事故が多発していることもあり、講習も試験も細かく厳しくなっているとの事でした。

特に私の行った学校は、通常3日の日程を2日で終了させる学校であったので、教えるスピードも速く、教え方も非常にスパルタでした。

このスパルタ式には理由があったのを最終日に教えてもらったのですが、その時は「まるで”戸○ヨットスクール”みたいだな」と思いました。泣きそうでした。

これから小型船舶免許取得をお考えの方、甘く考えないで事前勉強は絶対に必要です。

とにかく、そんなこんなの3泊4日小型船舶免許試験の模様をUPしていきたいと思います。

まず本日は7月17日前泊の為、隠岐から境港到着までの様子です。

Illust_map

境港までは約1時間20分で到着する『高速船レインボー2』で行くか、隠岐島前各島を回りながら約4時間半で到着する『フェリーしらしま』を選べますが、時間のたっぷりある私は観光も兼ねてゆっくり『フェリーしらしま』で行くことにしました。

では、出発!

Dvc00010

これがフェリー内部です。とても広く綺麗です。

Dvc00011

Dvc00013

この日はちょうど梅雨明けとなり快晴で、海日和です。

Dvc00016

Dvc00019

Dvc00018

景色を見ていると、もう海士町『菱浦港』に到着です。

Dvc00024

景色を見ているおじさんの後頭部を激写。

Dvc00026

お客さんを乗せて、すぐに出港です。

Dvc00029

するとすぐに西ノ島町『別府港』に到着。

Dvc00033

最近NHKで放送中の『ゲゲゲの女房』の影響もあり、一反もめんと目玉のおやじがお出迎えです。

Dvc00034

さらにお客さんを乗せて、今度は知夫村『来居港』(くりい)へ向け出港です。知夫村『来居港』までの隠岐島前の素晴らしい景色をしばしご覧ください。

Dvc00039

Dvc00042

Dvc00046

Dvc00049

知夫村は隠岐の中でも一番自然豊かな島です。大きな船の出入りするフェリー乗り場でもこの水質です。

Dvc00050

しかもフェリーのロープを繋ぐ人が、今までの島では制服を着た隠岐汽船の職員だったのですが、知夫村では普通のおじさんです。

Dvc00051

こっちもおじさんです。

Dvc00052

さすが知夫村。スケールが違う。そしてここでも一反もめんと猫娘のお出迎えです。

Dvc00053

知夫村『来居港』を出港すると、いよいよ『境港』へ向けて走ります。『西郷港』を出発して約二時間。まだ隠岐の島から出ていません。

Dvc00054

やっとこ『境港』に到着です。海の色も汚いし、隠岐に比べるとやっぱりちょっと都会です。

Dvc00059

Dvc00063

『境港』もやはり『ゲゲゲの鬼太郎』フィーバー。どこもかしこも『ゲゲゲの鬼太郎』だらけです。街灯も”目玉おやじ”。もうお腹一杯です・・・・

Dvc00066

Dvc00069

Dvc00072

Dvc00070

さて、チェックインにはまだ早いので、フェリーターミナルの中にあったサウナでひとっ風呂浴びることにしました。500円、安い!

Dvc00073

しかし、シャンプーやボディーソプは完備しているものの、タオルが無いということでタオルとバスタオルを購入。300円。合計800円。う~ん。。

Dvc00075

ひとっ風呂浴びて、少し小腹がすいたのでターミナル1Fにある和食処に入り『海鮮丼』を注文。これが激マズ!魚フニャフニャ、ごはんベチャベチャ。三分の一食べて嫌味を言って店を出る。写真も撮ったけどUPしません。皆様もこの店にはご注意ください。

気を取り直して、これから3泊お世話になるホテル『ポートインさかいみなと』に到着。『境港』から歩いて2分。一泊3600円の良心的なホテルです。

Dvc00068

夜、『踊る大捜査線2』を一人寂しく見ていると嫁さんから着信。姉ちゃんとお兄さんと3人でカラオケスナックで楽しく飲んでいるとの事。いいな~いいな~、どうして私のいないときにー・・・・・。

Dvc00076

『海鮮丼』で凹んだ今日の私の夕食。

Dvc00078

という訳で、『小型船舶免許試験』境港へ行くの巻。このへんで。

| | コメント (2)

2010年7月16日 (金)

『高神丸』メンテナンスPART1

(晴れ)

隠岐地方、雨のち曇りの予報でしたが、何故だか”晴天”です。

Dvc00025

今日は『高神丸』の床貼りの道具が揃うまで、穴やへこみが酷い所を修繕しようと舟小屋へやってきました。

特に船尾の船外機付近のキズが酷いので、昨日パテで穴を埋めておきました。

Dvc00027

Dvc00028

今日はこの上からペンキ塗りです。

パテ埋めした箇所だけペンキを塗ろうと思ってましたが、勢いで船尾の面を全て塗ってしまいました。

Dvc00030

背面だけ白いのも変な感じですが、他の細かいキズも消えたのでいいでしょ。

沈まなかったらいいんです。見た目なんて・・・

話は変わりますが、私は明日から本土境港まで”小型船舶免許”を取得に行ってまいります。

え?持ってなかったの?という声が聞こえてきそうですが、持っていません。ずっと東京にいましたから必要ありませんでした。

もちろん今までは、父ちゃんと一緒に舟に乗っていました。本当です。

まあ、細かい事はさて置き、来週火曜日の免許取得後は大手を振って舟に乗れます。それまでブログ更新できませんが、健闘を祈ってください。

では、行ってまいります!

| | コメント (2)

2010年7月15日 (木)

携帯買い替え

(曇り)

本日携帯電話を買い替えました。

Pict0002

ドコモのAQUOS SHOTです。

買い替えた理由はポイントが溜まっていた事と、毎日デジカメを持ち歩くのが面倒なので画素数の大きいカメラ付き携帯を買えば問題解決と思ったからです。できれば防水で。

Pict0003

この携帯は防水の上、1200万画素と十分だったので思い切って買いました。しかもフラッシュが光ります。

しかし、1200万画素で撮影すると1Mを遥かに超える為500万画素で撮影した写真しかブログにUPできません。意味なし!です。

これが携帯で撮った500万画素の写真です。

Dvc00011 まあ、いいでしょ。

これで携帯ひとつ持っていれば、どんどん写真が撮れます。防水なので『高神丸』との釣行記もどんどんUPしたいと思っております。。

| | コメント (1)

2010年7月14日 (水)

『水田』

(曇り)

隠岐の島町都万地区西里の水田風景です。

Pict0007

曇り空の下でも目に映える見事な青さです。

Pict0008

最近の大雨や風にも負けず、真っ直ぐに育っています。この辺りの農家さんの腕の良さが覗えます。

Pict0010

収穫は9月。

農家さんや農家さんを親戚に持つ家庭は、ツヤツヤぷりぷりの新米をたらふく食べられます。もちろん我が家にも農家さんの親戚がいます。

9月は白イカと真鯛のシーズン。

美味しい刺身と美味しい新米が今から楽しみで、水田を見ながらお腹が鳴ってしまいました。。

| | コメント (2)

2010年7月13日 (火)

『高神丸』

(雨)

雨の降り続く隠岐地方です。

『高神丸』に雨水が溜まって沈まないように舟小屋に陸揚げしていますが、なんと舟小屋の屋根から大量の雨漏りが発生しており、せっかく陸揚げしている『高神丸』に雨水がたっぷり溜まってしまいました。

Pict0001

最近の舟は床も防水のグラスファイバーになっていて、側面に水抜きの穴が開いていますが、『高神丸』は少~し古い船体の為そういう構造になっていません。

床は何枚かの板が敷き詰められており、海水や雨が入った場合にはこの板の隙間から船底に溜まる構造になっています。

Pict0007

溜まった水は板を外して、船底に常備してある柄杓ですくい取る訳です。

Pict0005

このような構造ですから、雨が続く場合に海面に放置しておくと雨水が溜まり、沈没してしまう訳です。

だから舟小屋に上げたのに・・・

この舟小屋は全国でも珍しく隠岐でも観光名所となっている為、数年前ボロボロだった舟小屋を町が無料で直してくれたものです。

Pict0003

しかし、昔と変わらない味を出すために屋根に杉の皮を使用して修復したようですが、どうもその杉皮をケチったらしく皮どうしが重なり合っていないところが沢山あり、そこが大量雨漏りの原因となっているようです。

まあ、無料修復なので誰も文句を言えない様ですが。

こうなったら『高神丸』を雨に負けない構造に仕上げるしかありません。

まずこの床板を全部外し、1枚か2枚のコンパネを型を取ってはめ込み、その上にFRPというガラス繊維のマットを敷きつめ、ペンキを塗る。

Pict0006

そして、側面に水抜きの穴を開けて完成!

う~ん、大仕事だ。素人がそんな事をしていいのだろうか。。

高田山は今日も悠然とそびえ立っており、

Pict0010

都万湾は今日も平和でありました。

Pict0014

| | コメント (2)

2010年7月12日 (月)

『ボッカ』

(曇り)

昨日の日曜日は隠岐地方に”大雨洪水警報”が発令になるほど、大変な雨となりました。

そんな中、姉ちゃん一家から「いい『ボッカ』が入ったから鍋にするからおいで。」と御誘いがあり、およばれすることにいたしました。

前回の記事で『ボッカ』の事を書いたら、「どんな魚?」とメールをいただいておりましたので丁度良かったです。こんな魚です。

Pict0006

姿は『ハタ』と似てますが、一番の違いは『ハタ』は体の表面がヌルヌルしてますが、『ボッカ』はヌルヌルしていません。

正式名は何て言うんだろうなー?おそらく『○○カサゴ』だと思いますが、調べておきます。知ってる方がいらっしゃいましたらメールかコメントください。

で、今日の『ボッカ』はこうなって、

Pict0001

こうなって、

Pict0002

こうなりました。

Pict0003

ごちそうサマンサ。。 

| | コメント (2)

2010年7月 9日 (金)

『ワタリガニ』と『ハタ』

(曇り)

という訳で、昨日仕掛けた『カゴアミ』を回収してみました。何か獲物がかかているか?

Pict0014

ん?”バイ貝”ではありませんが、何かいます。

Pict0019

じゃーん!『ワタリガニ』が一匹かかっていました。恐らく、『カゴアミ』を下した途端に『ワタリガニ』が入り、エサを全部食べちゃったので貝が入らなかったと思われます。今回はエサの量を3倍にして再チャレンジです。『ワタリガニ』をこのままにしてまた1日置いておけば『タコ』が入ったかもしれませんが、とにかく初獲物です。今晩美味しく”味噌汁”でいただきます。

Pict0018

実は昨日『カゴアミ』設置後に、「ちょっと釣りをしてみようか。」ということになり舟を飛ばして近くの漁場に向かい、『ボッカ』(深海に住む大型のカサゴ)を狙ってみました。

そしたらなんと!高級魚『ハタ』が釣れました。私が釣りました!!

Pict0001

『ハタ』としては小型ですが、それでも35㎝の嬉しい獲物です。顔がちょっと怖いです。

Pict0004

釣りたてを早速料理です。メニューは「刺身」と「アラ汁」です。まず、堅い頭を落として3枚にします。

Pict0009

頭と内臓は「アラ汁」用に分け、頭は出汁が出やすいように縦に割ります。これが大変。包丁ズタズタです。

Pict0007

身の方は血合いと中骨を外し、皮を引いて削ぎ切りにして完成です。

Pict0010

盛り付けはさて置き、見てくださいこのぷりぷりとした 品の良い白身。

Pict0012

もちろん適度な油もあり、はっきり言ってヒラメよりも美味しいと断言します。

いやー、しかし美味しかった。

という訳で、「アラ汁」の完成写真を撮るのを忘れました。また次回、釣れたら。。

| | コメント (2)

2010年7月 8日 (木)

『カゴアミ』

(曇り)

これが『カゴアミ』です。

Pict0001

この中にエサを入れて海に沈めておくと、貝類やタコが入ってきます。

Pict0002

入口がここ。一度入ると人間並みの知能が無ければ出られません。

Pict0003

これを海に沈めて、どこに沈めたかわかるように「浮き」を付けるわけですが、その「浮き」はこれです。

Pict0007

この『カゴアミ』を今日の夕方海に沈め、刺身でも唐揚げでもコリコリとした食感が楽しめる旬の食材、”バイ”という貝を狙ってみたいと思います。

お楽しみに!

Pict0006 

| | コメント (2)

2010年7月 7日 (水)

「フルーツトマト」と「普通のトマト」PART4

(晴れ)

今年4月に初めて植えた「フルーツトマト」と「普通のトマト」ですが、「フルーツトマト」の方が一足早く色づき始めました。

Pict0002

可愛い!食べ頃にはもう1日か2日早いみたいですが、我慢できないので一番赤いのを一つ冷やして食べちゃいます。

Pict0003

ちなみに、「普通のトマト」はまだこんな感じです。

Pict0004

それでは、4月からの成長ぶりを見てみましょう。

2010年4月26日

2010426 

2010年5月21日

2010521

2010年6月6日

201066

そして七夕の2010年7月7日

Pict0001 

プランターでこんなにトマトが育つとは・・・・来年はもっといろんな物を植えよう。

| | コメント (2)

2010年7月 6日 (火)

『銚子ダム』

(雨)

これが、あの有名な隠岐の島町『銚子ダム』からの風景です。

Pict0022

Pict0030_2

Pict0032_2

Pict0041

”ネッシー””イッシー”に 続く”チョッシー”が現れるのも時間の問題です。

Pict0013_2

| | コメント (2)

2010年7月 5日 (月)

レストラン『うみさち』

(晴れ)

昨日の日曜日は家族でレストランで昼食です。

出かけたのは、都万地区「あいらんどパーク」にあるレストラン『うみさち』です。

Pict0004

Pict0007

近くには綺麗な広場もあり、子供連れで来て食事後ゆっくり遊んで帰る事もできます。BBQもできる施設も完備されています。

Pict0005

Pict0006

さてレストラン『うみさち』ですが、店内はこんな感じ。清潔でとても綺麗で気持ちいいです。

Pict0009

さて、何を食べましょうか?

Pict0011

日々ダイエット中の私はヘルシーに、岩海苔おにぎりと隠岐そばがセットになった”岩おにセット”を食べてみます。それと、生ビールです。  3杯ほど。。

Pict0010

隠岐そばは独特の「サバだし」で風味が良く、あっという間に完食です。おにぎりは岩海苔の風味は良かったものの、何せ大きい!

Pict0012

生ビールを3杯飲んでいる私には食べきれませんでした。半分しか。

ともあれ、とても美味しく幸せな日曜日の昼食でございました。ごちそうさま。

| | コメント (2)

2010年7月 2日 (金)

『金魚』の稚魚

(曇り)

先日誕生した『金魚』の稚魚約100匹ですが、全く減らずどんどん大きくなってきて、しかも親『金魚』が第二弾の”卵”を生み始めたのでやむを得ず稚魚用の水槽を購入しました。

Pict0027

インターネットで稚魚の事を調べると、孵化した稚魚はどんどん数が減っていき、最終的に1%が生き残るとあったのですが、我が家のは今のところ生存率100%です。

Pict0023

このまま全部成長しちゃったらどうしよう??

来年の祭りで売って一儲けしようか。。

話は変わりますが、昨日我が家の庭に『カニ』がいました。

Pict0020

私も実家で育って、庭で『カニ』を見たのは初めてだったのでビックリしましたが、父ちゃんに聞くと”山にいる『カニ』”だとの事。

Pict0018

庭で『カニ』と出会うとはナ~。。

隠岐の島ってスゴイ!! 

| | コメント (2)

2010年7月 1日 (木)

『ジン』のお手柄。

(曇り)

昨夜2時頃、嫁さんの部屋で『ジン』が”ムカデ”を発見。即座に嫁さんに通報し、事無きを得ました。

Pict0015

発見場所はこのサイドボードの下。『ジン』君、お手柄です!

Pict0016

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »