« 『小型船舶免許試験』教習初日の巻。 | トップページ | 『小型船舶免許試験』隠岐へご帰還の巻。 »

2010年7月23日 (金)

『小型船舶免許試験』試験当日の巻。

(晴れ)

いよいよ試験当日です。幸か不幸か”超快晴”です。

Dvc00099

帽子を購入しといて良かった。

AM9:00実技試験スタート!

実技試験終了!

学科試験始め!

PM6:15学科試験終了!

で、あっという間に全試験が終了し夕方です。

Dvc00102

(疲れた~・・)

結果は、学科試験は昨夜の猛勉強のおかげで一発合格。

実技試験については、来週月曜日に発表との事でした。

合格すれば即日免許交付だと思っていた世間知らずな私は、ちょっとショックでした。。

実技試験については大阪の『小型船舶操縦士試験機構』から試験官がお見えになっており、出港前点検・トラブルシューティング・安全確認・操舵・ロープの結び方・係留等を細かく審査し減点方式でチェックシートに書き込んでいきます。

この試験官の方も非常にスパルタな方で、審査しながら危険行為については厳しく注意をしてくれます。

私も9割方上手くいってたのですが、最後の最後に着岸で失敗し一喝を賜りました。

試験官の方曰く「海の事故は、即死亡事故につながる。ちょっとした油断や横着が自分も他人をも危険に晒すことになる。試験官としては良くないかもしれないが、安全確認を怠ったり、危険行為についてはその場で厳しく注意する。一度怒鳴られると、二度とわすれないでしょ。」との事であった。

なるほど、まったくその通りだ。私みたいな甘い考えで免許を取って海に出たら、間違いなく大事故を起こしていたに違いない。ここの学校の教官が非常にスパルタだったのもそういった理由があったからでした。

解散前、教官から一言があり「色々と厳しく指導してきましたが、それは全て君たちを海で死なせたくないからです。ここ数年小型船舶の事故が多発している。
それには小型船舶免許は簡単、だれでも取れる。という甘い考えで免許を取得し安全確認を怠ったり、遊び半分や横着で危険行為を行ったことが原因。
この学校は免許を取得させることの目的よりも、取得してから卒業生が安全に海で楽しめることを目的としている。私はいつもそう考えて生徒を指導している。」との事でありました。

何だか胸が熱くなる言葉でした。

まあ、合格不合格に拘わらずこの学校を選んで良かったなと思いました。

そんなこんなで夕日を見ながら、久しぶりに充実した日々を過ごしたことに感動している私であります。

Dvc00103

PM7:00過ぎ、生徒の補習に付き合う実は”やさしい教官”でありました。

Dvc00104

さて、お腹ペコペコです。

ホテルで一風呂浴びてすっきりした後、昨夜の”海鮮丼”が忘れられず、今夜も同じ店に直行です。

今宵は『金アジ丼』を注文。それと生ビール。

Dvc00106

写真では分かりにくいですが、新鮮なアジのボリュームがすごい!ごはんの量と同じくらいの刺身がこの下に隠れています。

ぷりぷりシコシコの新鮮な”金アジ”。しかも中に特製の出汁が少しかかっており、飽きない味が工夫されています。

さすが、私の見込んだ『元気亭』。期待を裏切りません。

昨夜はお客さんが混んでいて、一所懸命料理を運んでいたおじさんが実はオーナーで、今日は少し暇だったのでカウンターに座って焼酎を飲んでいました。

2日連続で来た私に喜んで、「また来たのか。ここに座れよ。」とカウンターの自分の隣に座らせ、高級焼酎をご馳走していただきました。

飲みながら話しをしていると、実はオーナー隠岐の人。しかも同じ村の人。

後ほど詳しく紹介しますが、今は実業家で手広く商売をされており、隠岐の島復興事業なども官庁相手に仕掛けているスゴイ人でした。近日中に詳しくUPします。

明日はやっと隠岐に帰れます。

心地よい披露疲労と良い出会いに感謝しながら、ビール片手に眠りに就く私でありました。

|

« 『小型船舶免許試験』教習初日の巻。 | トップページ | 『小型船舶免許試験』隠岐へご帰還の巻。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いい話ですね。感動しました。crying

私もオーナーさんに時々叱られますが、確かに二度と同じ間違いはしないなと、感謝してます。

投稿: わがママ | 2010年7月24日 (土) 00時56分

>わがママさん
着岸する度に試験官の怖い顔を思い出しそうです。

投稿: BULL | 2010年7月26日 (月) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『小型船舶免許試験』教習初日の巻。 | トップページ | 『小型船舶免許試験』隠岐へご帰還の巻。 »