文化・芸術

2010年9月 3日 (金)

八朔牛突き大会

(晴れ)

嵐のように忙しかった一週間を終え、やっと海に出れると思いましたが波が高く断念。
久しぶりにゆっくりブログの更新をすることにしました。

今週忙しかったのは、何といっても隠岐の島年に一度の最大イベント”八朔牛突き大会”が9月1日に開催されたからでした。

しかも今年は全国の牛飼いや市町村のお偉いさんが一同に会する”全国闘牛サミット”なるものが隠岐の島で開催ということもあり、牛を出場させる各地区は例年以上に気合が入っておりました。

私の住む『中里地区』でも、前頭二枚目と横綱の二頭が出場することになり、しかも私は出場にあたり色々と段取りをしたりする有志の集まり”土俵溜り会”の会員に今年からなりましたので、大忙しとなった訳です。

これは8月31日、大会前日の模様です。

Dvc00008

Dvc00010 

この竹の中に日本酒を入れ、会場での清め杯として飲みまくります。

Dvc00012

コップも竹。おじさん方が器用に作っていきます。

Dvc00014

Dvc00015

私は力仕事。集会所の前に牛をつなぐポールを設置します。

Dvc00018

女性陣も31日夜の「前夜祭」、大会当日朝の「出陣式」、昼の弁当、夜の「打ち上げ」の準備で大忙しです。

Dvc00021

そろそろ牛が到着。これが前頭二枚目の『龍神2号』です。

Dvc00024

横綱『龍神1号』も到着。

Dvc00027

奥が横綱。体の大きさは歴然です。ほぼ2倍。650㎏と1100㎏です。

Dvc00030

見事なお尻。。

Dvc00032

そして出場する牛を引き連れて、『高田神社』へお参りです。

Dvc00035

『高田神社』では安全祈願と必勝祈願をし、早速先ほどの竹で作った杯で清めます。

Dvc00039

集会所へ帰り、クーラーの無い大広間で大宴会(前祝い)です。室温35度、ビールを飲んでも飲んでも汗で出てしまいます。。

Dvc00044

Dvc00045

大会当日、朝集会所で「出陣式」を済ませ会場の『佐山牛突き場』へ到着です。

Dvc00047

すでに各地区の牛達も集結しており、緊張感が漂っております。

Dvc00048

屋台も出てました。

Dvc00050

当日は『都万保育園』の園児達も自作の可愛い牛を連れて応援です。この後場内で可愛いダンスなどを披露してくれました。実に可愛かった。

Dvc00056

Dvc00060

昼ご飯。ゆっくり食べていられないので、食べながらウロウロできるオニギリがメインです。

Dvc00062

これは以前紹介した”ベコ”(海牛)の煮つけです。サミット参加の新潟県長岡市の副市長さんや市職員の方々も珍しい食べ物に舌鼓を打っておられました。

Dvc00064

Dvc00065

さて本題の試合ですが、前頭二枚目の『龍神2号』は引き分け。そしていよいよ横綱『龍神1号』の登場です。

Dvc00078

土俵溜り会のメンバーは同じ村の陣地へ応援に行き、その都度清め杯を飲むので横綱戦が始まる頃にはかなりヘロヘロの状態です。

Dvc00079

気合を入れなおして出発!土俵入りです。相手も1000㎏の巨漢横綱『岩山』です。

Dvc00095

巨漢同士のぶつかり合い、鈍い角の音が場内に響き渡ります。

Dvc00096

途中『龍神1号』が先にバテて舌を出してしまう危ないシーンもありましたが、そこは百戦錬磨の『龍神1号』、上手く巻き返し逆に攻めに転じます。

下に潜って相手の喉元から角を突き上げる攻撃に、相手もたまらず舌を出し逃走。見事『龍神1号』の勝利となりました。陣営は大騒ぎです。

Dvc00098

Dvc00099

見事に勝利した『龍神1号』は飼い主さんから口の中の唾液を綺麗に拭いてもらって満足そうです。横綱戦での勝利は”優勝”となります。

Dvc00101

引き分けの『龍神2号』は少し寂しそうですが、まだ3歳。体を大きくして技を覚えて横綱を目指します。

Dvc00102

さて、意気揚々と集会所へ帰り優勝した『龍神1号』にまたがります。私ももちろん乗せてもらいましたが、怖くて足がつってしまう始末です。

Dvc00104

Dvc00106

なにはともあれ”祝勝会”です。優勝カップに酒を入れ回し飲みです。

Dvc00107

この後、6回くらい優勝カップが回ってきて私は万事休すとなりました。

Dvc00109

Dvc00110

Dvc00108

次の日も早朝から土俵溜り会のメンバーは集まって後片付け。メンバーの皆さん、3日間朝から晩までお疲れさまでした。日曜日の”ソフトボール大会”も頑張りましょう。飲みすぎないように。。

| | コメント (1)

2010年4月16日 (金)

隠岐の島町「都万祭り」

(晴れ)

昨日は都万地区の祭りが開催されました。

都万地区には中里の「高田神社」と上里の「天健金草神社」の2大神社があり一年毎に本祭りと裏祭りを交互に繰り返します。今年は「天健金草神社」が本祭り、「高田神社」が裏祭りの年です。

さて、今年私は「天健金草神社」にて神輿を担ぐ役を頼まれたので、前日の神輿の掃除と飾りつけから参加いたしました。

Pict0006 2年ぶりに神輿を小屋から出し、ほこりを払い屋根や飾りを丁寧にサラダ油で拭いていきます。

Pict0005 飾りつけも無事終了しこれで完了。後は明日の本番を待つだけです。

Pict0014 当日は(曇り時々晴れ)の寒い一日となりましたが時間通りに「都万祭り」が開催されました。私が子供の頃は出店が何件も出て非常に賑やかなお祭りでしたが、今は出店が一店も出ず寂しいもんです。

Pict0019 しかし神事は変わらず伝統を受け継いでおり、獅子舞や天狗、馬なども参加しています。

Pict0024 神殿にて神主様の「かしこみ~かしこみ~・・・・・」が終了し神輿の中に御神体を奉納した後、いよいよ神輿を担いで行列の行進です。

Pict0025 先頭は天狗、獅子舞、お供え物、馬、小神輿、大神輿、の順番です。

Pict0029 Pict0030 参道には見物人が多数来ており、神輿にお賽銭を投げ込んでいきます。背の低いおばあちゃんの時は、わざわざ神輿を下げて入れやすくしてあげます。大変です。

Pict0031 そして小高い丘の広場に到着すると、神輿を下ろしお供え物を置いて天狗の舞が始まります。なかなかカッコイイ天狗です。が、こんな役が回ってきたらどうしよう、と心の中で少しビビッてました。

Pict0032 広場での神事が終わると、また神輿を担いで神殿に戻り都合4時間半にも亘った「都万祭り」の終了です。

今回は無理やり日本酒を飲まされる事もなく、また神輿も前の人の背が高かった為ほとんど肩に荷がかからず、大変楽をさせていただきました。ただ、寒い中何日も前から段取りをされた方、神主様、各役の皆様大変お疲れ様でございました。

おかげで伝統あるお祭りに参加させていただきまして、感謝しております。

有難うございました。

| | コメント (0)